検索
  • osada

2022.5.27 日々それぞれ。



「子育て」とひとくくりにされるけど、環境は違って当然だし、方針や考え方だってなんなら同じことの方が難しいくらい。

「預ける」ということもそう。仕事をしているとか、そういう見えやすい理由がないとどうも預けることに引け目を感じてしまうってこと、私もよぉーーくわかります。かわいいけれど時々しんどい子育てです。寝不足で聞き続ける泣き声は孤独でしかないし、大きな声で泣かれると周りの目も気になってくる、夫の些細な言葉にもイライラして、心細くて涙がぽろりなんてこともあったなぁ。当時はそれが当然のような気がしていたけれど。


このちいさいおうちを立ち上げた時、そんな事も思い出したりなんかして「ちょっと休みたい」そんな理由も大歓迎なお預かりができたらなぁと思ったのです。

ちょっと勇気を出して預けるって決めたのに、泣かれたら引け目を感じてしまうだろうな。まだ早かったって諦めちゃうだろうな。そうならないためには、家族ごと包み込んでしまうあったかい空間と子どもたちが夢中で遊べる環境だわ、ということで暮らしと遊びを大切に考えたちいさいおうちになりました。

預けられる場所ではなくて、遊びに行きたくなる場所。頑張らなくていい場所。


そんな風に過ごしてきたちいさいおうちも、これまではお預かりだけだったけど、もっと広ーい場所になりたいと思うようになりました。

預けたい人も、預けたいわけではないという人も、もう子育て終わったよという人も、これから始まるよという人も、ちいさいおうちと一緒にわくわくしてもえらえるようなそんな場所に広げていこうと思っています。


どうしたもんか発信下手なちいさいおうちなのですが、ちょこちょこと、ちいさいおうちの気持ちを知ってもらえたらなぁというところです。














最新記事

すべて表示

ちいさいおうちは保育室です。平日は幼稚園入園前の小さい子ども達が、週末はもうちょっと大きい子たちも来ています。 時間はそれぞれです。午前中だけの子もいればお昼寝をして帰る子もいます。 毎週の子も、ときどきの子もいて、毎日ちょっとずつメンバーが違います。 だけどどういうわけか、不思議と仲間みたいになっています。それぞれの遊びに夢中になりながらもどこかいい空間に見えます。 そんな感じで毎日保育をしてい

あらいつの間に?というほどさらっと出来る人もいれば、よくまあそれほど考えることがあるもんだというほど考えてからの人もいる。私はこと自分自身のこととなるとどうも後者になるパターンが多いのだけど、あーでもないこーでもないと考えて考えて・・もはや考える事がめんどくさくなったところでいきなりパーンと振り切るもんだから、消極的なんだか積極的なんだか自分迷子だ。 自分の気持ちは自分の中で完結する癖があるようだ